• 登記・法律相談
  • 業務案内
  • 会員名簿
  • 情報公開
  • 会員専用
  • 個人情報保護方針
  • 民事法律扶助
  • 出前講座
  • リンク集

業務案内

不動産登記

司法書士は,相続,贈与,売買,住宅ローンの設定など,法務局に対する各種登記手続きを代理して行う専門家です。

不動産は一般に非常に高額な財産です。そのため,この手続きを業として行うことができるのは,司法書士と弁護士に限られています。

登記とは簡単に言うと,土地や建物に自分の名前を書いておくことです。民法に定められた権利は,法務局に登記しなければこれを善意の第三者(契約当事者以外の他の人)に対抗することができません。

そこで本来契約とは,あくまで当事者の約束だけで成立するのですが,不動産という多額の財産の性質上,取引の安全や権利の保全のため,登記手続きという厳格な手続きを要求しているのです。もちろん,権利の登記はあくまで自分の権利を主張することですから,義務ではありません。

ただし,登記しないでおくとトラブルになったとき,国家は積極的には味方をしてくれません。相続や贈与など,自己の権利をしっかり保全しておくことが重要です。