Loading...
会員サイト
MENU
電話:089-941-8065 9:00から17:00(土・日・祝を除く)
司法書士の仕事 MENU

土地・建物の登記

土地や建物に関して、誰が所有者なのか、担保に入っているのかいないのか、通行権が設定されているのかいないのかなどは、法務局に備えられた登記簿に記載され、公示(一般公開)されています。
誰でも、どの土地・建物でも登記簿を確認できるようにすることで、これからその土地や建物を買おうと思っている人が安全に取引できるようにしているのです。
そして、土地や建物の権利を取得した人にとっても、取得したことを登記(登記簿に記載)しておくことが重要です。自分の権利を主張できるようにしておくためです。
司法書士は、皆さまの登記手続きの代理人となり、正しい登記を実現することで、取引の安全と、皆さまの大切な財産である土地や建物の権利を守る重要な役割を担っています。

ご相談事例

  • 家を建てたとき[所有権保存登記]
  • 土地や建物を売買・贈与・交換などしたとき[所有権移転登記]
  • 土地や建物を相続したとき[所有権移転登記]
  • 土地や建物を担保にお金を借りたとき[(根)抵当権設定登記]
  • 住宅ローンを完済したとき[(根)抵当権抹消登記]

参考サイト・資料